みつみさき  ミツミサキ  mitumisaki

  

【三津崎・御津岬】<地名>
1.高浪の海の岬。
2.御船が着いた岬。瑞の岬。

『あすすゐそゐほ きさらきや はやなみたつる みつみさきホ29

 
[1]
みつ(満・至・厳)」+「みさき(岬)
「みつ」は「いつ(厳)」の変態。
ここでは「D:正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れるさま」で、「高まり・勢い・栄り・激しいさま・厳しいさま」などの意。
[2]
み(御・上)」+「つ(着・津)」+「みさき(岬)
「み」はここでは「タケヒトの乗る御船」、よってまた 「みつ(瑞)」+「みさき(岬)

別名:「なみはやのみなと(浪速の港)

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】