ことひきはら  コトヒキハラ  kotohikihara

  

【(事引原)・琴弾原】<地名>
(ヤマトタケがこの世での) 事を締めくくった区画。

ことひきはらに おはよえた おきてかわちの ふるいちに またよはおつる』ホ40
『おこそかに ことひきはらの みささきに おちしおはよつ』ホ40

 
こと(事)」+「ひき(引く)」+「はら(原・場)
「ひく」はここでは「(幕を)引く・締めくくる・結ぶ・閉じる」などの意。

関連語:「ことをさめ(事納め)」「ことふき(寿)ことほき(寿・言祝・事祝)

  

10/02/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】