かみあり  カミアリ  kamiari

  

【神在り・神現り・神生り】
神(物質化していないエネルギー) が目に見える形で現れること。

『おしひとと いみなおふれて かみありの もちゐたまえは たみうたふ』ホ6
『ななくさみそも とんとほも かみありかゆも おこなわれ』ホ30
『ささおけとんと もちやきて かゆはしらなす かみありの かゆふとまにや』ミ7
『さやけをけらに とんともち ゑさるかみあり きさらきや』ミ9

 
かみ(神)」+「あり(現り・在り・生り)」
「かみ」はここでは「物質化していないエネルギー」の意。
「あり」は「ある(在る・現る・生る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・在る・現る・生れる」などの意。

変態:「かみなり(神現り・神生り)」「かみのり(神乗り)

  

09/12/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】