かけひ  カケヒ  kakehi

  

【懸樋・筧】
水の通路を渡すこと。樋。

『かわかみの みつおかけひに はこはせと これもくつれは』ホ24

 
かけ(交・掛・懸)」+「ひ(
翻・樋・杼)
「かけ」は「合わせ・交え・結び」などの意。
「ひ」は「往き来させるもの・通わせるもの」の意。

類語:「とひ(樋・渡水)」「とよ(樋)」
独り言:「かきょう(架橋)」

  

11/03/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】