いとうかみ  イトウカミ  itoukami

  

【(愛う神・慈う神・慈愛神)】
慈しみの神。いたわりの神。慈愛の神。
 ●自ら流離って慈愛を知った三つ姫 (タケコタキコタナコ)。

『ははもうさにて かみとなる いつくしまみや いとうかみ よきおしるなそ』ホ28

 
いとう(
愛う・慈う・慈愛)」+「かみ(神)

類語:「いとうやすかたかみ(慈愛安方神)」「いとうのみめかみ(慈愛の三女神)

  

09/12/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】