ひなふり  ヒナフリ  hinafuri

  

【(雛振)・鄙振・夷振】
物事の端緒となる歌。始まりを告げる歌。

『このうたは のちのゑにしの あふうすの かもいとむすふ ひなふりはこれ』ホ10
『かしまたち ひなふりのあや』ミ逸

 
ひな(雛)」+「ふり(振り・触り)
「ひな」はここでは「端緒・始まり」などの意。
「ふり」ここでは「触れ・伝え・文」などの意。

  

10/06/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】