はなかた  ハナカタ  hanakata

  

【(放形)・花形】
浮き出る形。

『やなきあやなる はなかたは ゑかきまのりに あてうつし』ホ23

 
はな(放)」+「かた(形)
「はな」は「はぬ(放ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・出る・発す・起る」などの意。

  

09/10/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】