あまくにたま  アマクニタマ  amakunitama

  

【天津国玉神】<人名>
高地(美農)を治める国守。

あまくにたまの おくらひめ これもささけて つかえしむ』ホ9
『つかはすひとは あまくにの あめわかひこと きわまりて』ホ10
あまくにたまの よろこひも むかしかすかに うるりゑて うむたかひこね』ホ24

 
あまくに(上国)」+「たま(治)
「あまくに」は「山の国・峰の国」の意で、これは「みの(美濃)」の言い換え。

類語:「かなやまひこ(要山彦)

  

09/10/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】