あくり  アクリ  akuri

  

【(明くり)】
物事を動かすこと/方法。事を運ぶこと/方法。停滞を打開すること/方法。

『かみなりいてん ことおこひ くひめくるまに あくりこふ』ホ4
『よそこのはなに このみなる あくりおゑんと もろをかむ』ホ14
『たとえめあれと よつきなく ゑんとおもはは あくりしれ』ホ14
『みとりしちなる をのはしめ これをのこうむ あくりなり』ホ14
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
『よつきこお さつくるいせの あくりには あさひおうけて あたたまる』ホ14

 
あくる(明くる)」の名詞化。
ここでは「C: 回す・送る・動かす・運ぶ」などの意。

変態:「おくり(送り)」「めくり(巡り・恵り・捲り)

  

10/03/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】