カルオトド

→ 語義
  

上大臣。軽大臣。
「カル(上る)」は「上位・上級」の意。
開花天皇
は、継母でもあり自分の内宮でもあるイカシコメの父・ヘソギネを、カル大臣とする。
  

『六月の 十二日ヘソキネ カル大臣 十一月にウツシコヲ 斎主32文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】