ハルタツヒ

→ 語義
  

春立つ日。 
立春。太陽が原点に復帰する日。
冬至る日と並ぶ重要な起点日。
  

【立春】リッシュン
立春は二十四節気の1つ。2月4日ごろ。および、この日から雨水までの期間。太陽黄経が315度のときで、春の初め。正月節。『暦便覧』には「春の気たつをもつてなり」と記されている。この日から立夏の前日までが春。冬至と春分の中間にあたる。
旧暦(太陰太陽暦)では元日が立春前後に置かれる。 中国暦で立春の次の雨水を含む月を正月(一月)としたのは、立春の頃を年初にし、春の始まりと年の始まりを一致させるためである。
節切りにおいては、立春が年初となる。 四柱推命や風水などの占いでは、節分までは前年に属し、立春を以て年が変わるとしているものが多い。 節分の豆撒きは、立春を年初として、新しい年の幸運を願っての昔からの習慣である。
  

『日は大きくて 一送れ 三百六十五度 一年の 春立つ日には 元に来て 一度元の 星に合い』ミ6文
『"" の嘗は 西南にイナサの 初日より 二陽を和せて  焚き』ミ7文
初日祭は ふと環 山の・栗 海の布も トコロ 芋頭 親の節会は 足る睦み』ミ9文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】