をさし  ヲサシ  wosasi

  

【尾差・尾指】
突き出すもの。穂。尾。尾っぽ。

『ちみちのあふみ かなつくり かけはをさしの つりなわも ゐつきみしかく』ホ192

 
「をさす」の名詞化。
「をさす」は「をす(放す)」と同義語「さす(射す)」の合成。
ここでは「B: 離す・放つ・突き出る」などの意。
つまり「をさし」は「突き出すもの」で、「を(尾)」に同じ。

類語:「を(尾)」「おっぽ(尾っぽ)」「しっぽ(尻尾)」

【尾差・尾指】をざし −広辞苑より−
1.尾の状態。
2.建(おざ)すこと。

  

10/06/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】