さすか  サスカ  sasuka

  

【流石】
1.正の方向に離れるさま。「優先する・至る・超える・余る」さま。
2.<「さすかに」の形で> (ある条件を)越えて。(他に)優越して。

『かくみたひ きもにこたえて なさけより さすかにぬるる いふきかみ』ホ9

 
「さすく」の名詞化。
「さすく」は「さす(栄す)」と同義語「すく(優ぐ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、
「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・過ぎる」などの意。

変態:「ささけ(捧げ)

  

10/10/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】