みそこたから  ミソコタカラ  misokotakara

  

【三十九宝・(華宝・甚宝)】
甚だしい宝。大いなる宝。至宝。

『かよみおしふり ねみかかみ みそこたからの みからぬし』ホ34

 
みそこ(三十九)」+「たから(宝)
「みそこ」は「はな」を引き出す枕詞で、「はな」はここでは「跳・栄・華・甚」などの意。

類語:「かんたから(尊宝)

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】