みまな  ミマナ  mimana

  

【任那】<人名・地名>
往来。渡来。交流。

『みまきのみよみまなのあや』ホ34
みまなのあや みつかきの ゐそやほはつき みゆきして』ホ34
『かれつのか めしてつかえは まめありて ゐとせにたまふ なはみまなホ34
『かそみねにしき くにつとに かえるあらしと みまなくに これたちそめそ』ホ34
『しらきのくにと あたおこり みまなのつかひ つけいわく』ホ34
『みことのり しほのりひこお みまなをし ゆきとくにむく みちつかさ』ホ34
みまなより そなかしちして みつきあけ はつみよいわふ』ホ35
『ゐついろの かつみねにしき あやももは みまなのきみに たまわりて』ホ35

  
「みまぬ」の名詞化。
「みまぬ」は「みむ(回む・巡む)」と同義語「まぬ(転ぬ)」の合成。
ここでは「C: 回る・往き来する」などの意。

別名:「つのかあらしと

  

10/01/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】