かかんのんてん  カカンノンテン  kakannonten

  

【かかんのんてん】
始まり‐伸び‐満ち。発生‐成長‐完成。春‐夏‐秋。
「何事も一足飛びには成らず、順序を踏むを要す」

かかんなす はるのひとしく めくりきて いそのまさこは いわとなる よよのんてんの ほつまふみかな』ホ序
『まとのをしゑにかかんして のんあわくには てんやまと』ホ5
『いかすりうちの をにやらひ かかんのんてん そろふとき』
ホ14
『さかほこき うつくしきすす わいきたち かかんのんてん ときまちて みちあらわせよ』ホ28
『うつくしきすす わいきたち かかんのんてん ときまちて みちあらわせと』ホ36

 
かかん」+「のん」+「てん
「かかん」は「取り掛かり・着手・始まり」などの意。
「のん」は「伸び・延び・成長」などの意。
「てん」は「至り・満ち・頂・天」などの意。

類語:「かたちとつとめみちとみ(形と努め満ちと実)」「あかはなま(開華満)わかはねるまつ(湧跳ねる全つ)

  

11/07/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】