あらく  アラク  araku

  

【散去く】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。散る/散らす。

『これにあらけて ことしろは いよにととまる そのつまは いせにもふてて』ホ28

 
ある(散る)」と同義語「あく(開く)」の合成。
ここでは「B: 離れる/離す・分れる/分ける・散る/散らす」などの意。

類語:「あらつ(放つ)」「はらける(散ける)」「はららく(散く)」
派生語:「あらか(散去)

 
 

【(改く・新く・主く)】
C: 回る。改まる。還る。回帰する。
帰還する。

ある(主る)」と同義語「あく(明く)」の合成。
ここでは「C: 回る・還る・回帰する」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上にある・中心にある」などの意。

派生語:「あらこ(新子)」「あらか(殿)

  

10/03/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】