あめにわたる  アメニワタル  ameniwataru

  

【天に渡る】
天を出発して地を経由し再び天に還る。一周する。
(罪科の円グラフの100%を人の生涯の満了と見ている)

あめにわたれは みおからす まかるのつみは ものぬしの みことおうけよ』ホ23

 
あめ(天・上)」 に 「わたる(渡る)
「あめ」はここでは「源・原点」また「天界・あの世」の意。
「わたる」はここでは「C: 回る・還る・戻る」などの意。

類語:「あめもとる(天戻る)

  

11/03/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】