あまめひとつ  アマメヒトツ  amamehitotu

  

【天目一箇命・天麻比止都命】<人名>
右目一つ。

『かねりおほめて たまふなは あまめひとつの かみとなる』ホ23

 
あま(零・落)」+「め(目・眼)」+「ひとつ(一箇)
「あま」は「あむ(零む・落む)」の名詞化。
E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」の意。ここでは「日の沈む方角・西・右」を表す。

別名:「あめまひ(天目一)」「あめひとかみ(天目一守)」「めひかみ(目一守)

  

09/10/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】