アカイワジンジャ

赤猪岩神社
鳥取県西伯郡会見町。 
祭神:大穴牟遅命 (大国主命)刺国若比売命
  

★『古事記』大国主命が因幡の白兎を救った時、兎が予言した通り八上比売は大国主命との結婚を望んだ。これを聞いた大国主命の兄弟八十神たちは手間山のふもとに大国主を連れてきて、「この山に棲む猪を追い下ろすから、お前はふもとで待ち構えて殺せ」と命じ、焼け石を落として大国主を謀殺してしまう。母神の刺国若比売命はこれを聞いてひどく悲しみ神産巣日神に頼むと、神はさき貝比売と蛤貝比売を遣わして大国主命を蘇らせた。刺抜若比売は、「ここにいたらお前はまた兄弟達に殺されてしまう。」と言って、すぐに紀国の大屋毘古神のもとへ匿ってもらうよう諭した。
  

■刺国若比売命が母ということは、子の大国主命はクシミカタマか。

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】