やひは  ヤヒハ  yahiha
やいは  ヤイハ  yaiha

  

【刃】
鋭く研がれた歯。

『なかにひとりは ひいてたり やひはするとく みつおわる』ホ23
『このかねりとに みことのり なんちかやいは よくときそ』ホ23

 
やひ(栄・熟)」+「は(離・歯・刃)
「やひ」は「やふ(熟ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。
「は」はここでは「離すもの・分けるもの・切るもの」などの意。

  

10/07/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】