つすはつね  ツスハツネ  tusuhatune

  

【十九初音】
<連歌の> 歌いだしの19音。最初の一句。発句。

つすはつね うたみにそめて かえせよと なかえたまはる』ホ39

 
つす(十九)」+
はつね(初音)

別名:「つつね(連根)」「おりはつ(織初)」「もとうた(本歌)」「かなめ(要)」「あひかなめ(合要)

  

10/02/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】