みとりの  ミトリノ  mitorino

  

【(塗野)】
(二本の川に) 挟まる区画。間の区画。

『つちおりと ゐおりもかくれ みとりのの かわさかたのみ かすめとる』ホ38

 
みとり(塗)」+「の(野)
「みとり」は「みとる(塗る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・挟まる・交わる」などの意。

類語:「はさまた(挟処・間処)」「かわさか(川境)」「かあひ(河合)

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】