ツシマモリ

→ 語義
  

ツシマ杜/守。
=熱田の杜/守。
文脈から考えると、ツシマは津島市のそれではなく、新ハラオホマ宮(熱田神宮)の所在地のように思える。つまり場所としては、ツシマ=アイチタアツタ蓬莱島
  

■「モリ」はアツマモリ(吾妻守)と同様に、「(神を)纏る所・やしろ」の意。
  

その夜の夢に ツシマ杜 白斎鳥なる ヤマトタケ40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】