オオヱキミ・オオヱスヘラギ・ヲヲキミ

→ おおゑきみおおゑすへらきををきみ
  

太上君。太上皇。太君。
ホオテミ
和つ日月を譲った後、ニニキネは太上君となってシノ宮 に入る。
  

【太上天皇】ダイジョウテンノウ −広辞苑より−
天皇譲位後の称号。
六九七年持統天皇が称したのに始まる。太上皇。上皇。おおきすめらみこと。
  

和つ日月を 若宮に 授け給いて 太上君 シノ宮に坐す』26文
トヨタマは ミヅ社を出ず 明くる年 太上スヘラギ ワケツチの 葵・桂を 袖に掛け 宮に到れば 姫 迎ふ』26文
ミホツ頷き "太上君 心な傷め 給ひそよ とは 日と月と 睦まじなさん"』26文
太君笑みて タケスミに "トヨタマ養せ"と 川間の 地 賜わりて 谷を出で ムロツカメの 迎い待つ』26文
大君 遺し言 "天に日月照る 人・草も 暗には冷やすぞ 地の君も 暗に民枯るぞ』26文
『政事 コヤネモノヌシ 共に治せ 宮内の治は ミホ姫"と カメに乗り行く カゴシマや』
26文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】