カンヤヰミミ

→ 語義
  

神八井耳命。 
イホのトミ (斎の臣)
イホミ(斎臣)ミシリツヒコ
神武天皇
と中宮イソスズ姫の第一子。斎名:イホヒト。 贈り名:ミシリツヒコの神。
カヌナカワミミと共に兄のタギシミミを殺害する。そのことを悔いてか後に、トイチ (現:磯城郡十市町) に住んで "イホのトミ (斎の臣)・ミシリツヒコ" と名を替え、兄タギシミミの御霊をねんごろに祭り、生涯を閉じる。 
多臣(おおのおみ)の始祖。
  

奈良県磯城郡田原本町、多坐弥志理都比古 (オオニマスミシリツヒコ) 神社 
  

★尾張一帯はかつて 上古の時代丹羽臣が支配しておりましたが、その始祖が神八井耳命とされております。 
■上鈴82年(神武天皇25年、76歳)に生まれる。137年(綏靖4年)死去。
■「イホのトミ」「イホミ」「オホオミ(多臣)」の "イホ"  "オホ" は「斎む・敬う・祝う・祭る」などの意で、これは神八井耳命を指す。それがそのまま地名や姓になる。

  

ツミハ──┐┌クシミカタマ
     ├┼クシナシ
タマクシ姫┘└──────タタラヰソスズ姫(内宮)
                 ┃
          ┌ヰツセ   ┃─カンヤヰミミ
          ├ミケイリ  ┃
ウガヤフキアワセズ┐├イナヰイ  ┃─カヌナカワミミイキシ
         ├┤      ┃        │
タマヨリ姫────┘└カンヤマトイハワレヒコ    └タマテ
             ┃       ┃
             ┃─タギシミミ ┃
             ┃       ┃
ヒウガ・アタ県主───アヒラツ姫(大典侍) ┃
                     ┃
           クメ───イスキヨリ姫(御下)
                (後にタカクラシタに下される)
  
★神武天皇━神八井耳命━武宇都彦命━武速前命━敷衍彦命━━┳武恵賀前命━━┓
                             ┗健磐龍命   ┃
                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━┛
                     ┗ 武諸木[多臣祖]
                    
  
  

孕みて 明くる夏 カンヤヰミミの 御子を生む 斎名イホヒト』31文
若宮は この二歌を 考えて 聡に害ふ ことを知る カンヤヰ御子に 物語り』31文
ワカヒコに 弓造らせて マナウラに マカゴの鏃 鍛わせて カンヤヰ御子に 靫 負わせ』31文
ヌナカワ尊 と到る 片丘室の タキシ御子 折に昼寝の 床に臥す』31文
皇御子 ヤヰに 宣給ふは "兄弟の互ひに 軋らうは 関く人 無し 我入らば 汝 射よ" とて』31文
の戸を 突き開け入れば  怒り "靫負い入る" と 斬らんとす ヤヰ御子 手足 慓けば』31文
カンヤヰ恥ぢて 諾ひぬ 十市に住みて 斎の臣 ミシリツヒコと 名を替えて 常の行ひ 神の充ち が祭も 懇ろにこそ』31文
『四(年)サヤヱ四月 斎臣更る "ミシリツヒコの 神" となる』31文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】