イツノミサキ・ヰヅサキ

→ 語義
  

伊豆の岬。 伊豆崎。(逸の岬/逸崎)。
伊豆半島。

  

ツクモより 稜威の岬に 帆を上げて 沖走る見は 大空を 遥かに駈けり』20文

  

  

ヰヅサキノカリヤ

→ 語義
  

伊豆崎の仮屋。
場所不詳。楊原神社三嶋大社? 伊豆山神社、
ニニキネはここでアシツ姫の妊娠を聞き、また姉イハナガ姫と対面する。
  

オオヤマスミは ヰヅサキの 仮屋に迎え 御饗なす 膳なす時 アシツ姫 "妹 孕めり" と申す故』24文
『"イセに告げん"と 装ひなす 時にその母 連れて 仮屋に到り まみえ乞ふ』24文

  

  

ヰヅサキミヤ

→ 語義

  
伊豆崎宮。 
伊豆崎の仮屋と同じ。
ニニキネはここにハコネ神 (オシホミミ) を三年祭る。
  

ハラ央君 ヰヅサキ宮に ハコネ神 三年祭りて オキツボの 峰より眺め 御言宣』24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】