ゆふにきて  ユフニキテ  yufunikite

  

【結和幣】
人と神を結ぶ物実として神に供える織物。

『かみはかしきの ゆふにきて あめなかぬしの かみまつる』ホ15

 
ゆふ(結)」+「にきて(和幣)
「ゆふ」は「結び」、また「結った物・織物」の意。

類語:「ゆふはな(斎餞)」「かしきのゆふ(赤白黄の結)」「ゆふのみてくら(木綿の幣)」

  

10/06/18

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】