とる  トル  toru

  

【取る・採る・捕る・執る・撮る・(留る・統る・連る)】
A: 合う/合わす。在る/現す。収(治)まる/収(治)める。調える。匹敵させる。縛る。

『うたみそめ おもひかねてそ すすむるお ついとりみれば』ホ1
『なくみこの こゑききとれは あなうれし』ホ4
『つるきふりにけ えひなくる しこめとりはみ さらにおふ』ホ5
『つくしにやれは つくみおれ たなきねはとる をはちちに めはははにつく』ホ7
『いはとおなくる たちからを みてとりいたし たてまつる』ホ7
『かちていけとる はたれまお かわくひてりに つなきおき』ホ8
『とけやはなせは ふつぬしか てにとるときに ゆひやふれ』ホ8
『ははやはなせは はたれとる ともにわらいて』ホ8
『かえさすは かみもとらんそ みかつちか わらいていわく』ホ8
『ちからあらそひ おししはる はたれまもみな とりしはりホ8
『たらちねの はやちにかはね ひきとりて もやおつくりて かりもかり おくる』ホ10
とるてもいわの みかつちか とらへてなくる あしかひの』ホ10
『あめにかえれは こふのとの まつりおとりて みことのり』ホ10
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
『おはさりませは かうのとの まつりとるゆえ よろまろお ひたかみのかみ』ホ11
『かたしおとりて さかなのり おなしみちして みやにいる』ホ11
『またやすひこは やすやすと とりあくことお わさとなせ』
ホ14
『ほのあかり まうらおめして うらとえは まうらふとまに あきにとるホ20
『みちさまたけは めしとりて たたしあかして つみおうつ』ホ23
『もしあやまりて ころさるも かたきおとれは をおとくと』ホ23
『ふとたまは よよまつりとれ またかくやまは ものぬしよ』ホ23
『こやねはよよの まつりとれ こもりはよよの ものぬしそ』ホ23
『いせきたて つつみきつきて やまみつお とりてたかたお ひらかんと』ホ24
『ゑはゆみやとり やまにかる とはうみにいり つりおなす』ホ25
『とはちおとられ よしなくて にいちもとめは ゑはうけす』ホ25
『としのあさ うたえそむるお とりみれは わかのうたあり』ホ25
『みそほにしろし みやつくり おおひやまとに まつりとるホ28
『さるたうけとり とわんとす はやめおとちて こたえなし』ホ28
『きみみやさきに たねこらと まつりとるゆえ しつかなり』ホ29
『かえことは みよのうらかた ゆめゆめと つつしみとれと みことのり』ホ29
『かれにかくやま はにとりて かえれはきみも よろこひて』ホ29
『みさほつすうた あめつつち とりますきみと なとさけるとめ』ホ31
『わかみやに おくりはかれは たきしみこ ひとりまつりお とらんとす』ホ31
『うたのなおしお こはしむる わかみやふたお とりみれは いいろよむうた』ホ31
『すめみこゆみや ひきとりて ひとやおむねに ふたやせに』ホ31
『わかれつとむる わかみやの まつりこととる とみはあらたそ』ホ31
『かりすけとなる おはりかめ おおあまうちめ なかはしの をしてとるもりホ33
『きみよろこひて たれかこの とりとりゑんや ゆかわたな とみこれとらん』ホ36
『きみいわく とりゑはほめん ゆかわたな くくひとふかた おひたつね』ホ36
『ついにとりゑて ねつきふか ほんつのみこに たてまつる』ホ36
『ほことりいのり おほかめお つけはなるいし これしるし うちのかめいし』ホ37
『もろうたは くもらおそれて かくれんと つはきおとりて つちとなし』ホ38
『すへてゑみしの くにこゑて まつろはされは とるもよし』ホ38
『みなにけちれは ときおあけ むかひいるとき おとひめは きみのておとりホ39
よこかめとるお さかしまに るとめにとめて たちきれは』ホ39
『これおりかえに あひつあり かれうちとるお よしとなす』ホ39
『むつかりか かまたすきして とるうむき なますになして すすむれは』ホ40
『これむかし いよにわたりて ししはむお つちきみとりて たてまつる』ホ40
『ここりひめ みゆとりあけて』ミ逸
『いのおれお さるたかとりて かくらしし よこまおはらす よよのかんかせ』フいおれ
『へにぬうは まつりとるみの むらさきそ いさめつくせは たみそぬいける』フへぬう
『ものこけの むしはなかみの ふくろとり さなゑまつりに さるたなすかみ』フもこけ
『をのそのは やけてあわたの とりえあり みつとりえねは そののもえくさ』フをその

 
変態:「たる(足る)」「たむ(溜む・矯む)」「つむ(集む・詰む)」「つる(連る)」「とむ(留む)」「そふ(沿う)
派生語:「やとる(宿る)」「さとる(悟る)」「いけとる(生け捕る)」「とらふ(捕ふ)」「とりしはる(捕り縛る)」「つかさとる(司る)」「めとる(娶る)」「ひきとる(引き取る)」「のとる(則る)」「とりひき(取引)」「かたとる(象る)」「いろとり(彩り)」「すなとる(漁る)」「とりゑ(捕餌)

 
 

【(離る・外る・遠る)・取る・盗る】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『みなそのしむお ぬきとりて わさにもゑつく おこりひの』ホ8
『みやあいて とえはやまくい これむかし きみかちおかり とられしお』ホ25
『なかすねひこは そのくらお ひそかにあけて うつしとるホ28
『つちおりと ゐおりもかくれ みとりのの かわさかたのみ かすめとるホ38
『それのきみ あすかおうちて くにおとる かみにたかえり かれなれす』ホ39
『いままたきたり とらんとす これもかみかや すへきみよ』ホ39
よこかめとるお さかしまに るとめにとめて たちきれは』ホ39
『きさおのそみて おもひやり かたみのうたみ とりいたしみて』ホ39

 
変態:「たふ(遮ふ)」「ちる(散る)」「つむ(摘む)」「てる(出る)」「とふ(飛ぶ)」「そる(反る・剃る)
派生語:「もとる(悖る)

  
 

【(回る・廻る・躍る・踊る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。

『めなしあみ よもひれとれは おおたいか くちおかみさき まえによる』ホ25

 
変態:「たむ(回む・廻む)」「たふ(回ふ・廻ふ)」「とふ(訪う・廻ふ)
派生語:「もとる(戻る)」「たとる(辿る)」「おとる(躍る・踊る)」「とりゐ(鳥居)」「とりゐぬ(躍り往ぬ)」「ちとる(千鳥る)」「ほとり(辺)」

 
 

【(鋭る・疾る・尊る・富る・逹る)・取る・照る】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『こころすなおの ひとあらは わかこのことく とりたてて』ホ13
『そのときかみは にこゑみて またはなとるな たたこころ しつめてきけよ』
ホ17

 
変態:「つむ(積む)」「つる(吊る)」「てる(照る)」「とふ(跳ぶ)」「とむ(富む)」「そふ(聳ぶ)
派生語:「おとる(躍る・踊る)」「とり(躍り/鳥)」「とりたつ(取り立つ)」「みとる(充る)」「はなとる(跳疾る)」「あしとり(足取り)

  
 

【(垂る・弛る・退る・絶る・倒る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「たふ(賜ぶ)」「たる(垂る)」「たゆ(絶ゆ)」「ちふ(禿ぶ)」「つむ(詰む)」「つゆ(潰ゆ)
派生語:「おとる(劣る)」「あなとる(侮る)

  

11/02/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】