たる  タル  taru

  

【足る・(治る・養る・連る)】【断定の助動詞「たり」】
A: 合う/合わす。釣合う。収(治)まる/収(治)める。調う/調える。補給する。在る/現す。
  匹敵する/させる。適う。〜している。〜である。

『かれたるいねの わかかえる わかのうたより わかのくに』ホ1
『つきはおくれて みそたらす まことみそひそ』ホ1
『めかみには なりなりたらぬ めもとあり』ホ3
『みとせいつくに たらされと いわくすふねに のせすつる』ホ3
『をゑくまにすつ ひるこひめ いまいつくしに たりいたりホ3
『さきにすてたる ひるこひめ ふたたひめされ』ホ5
『かたまろか いたれははたれ いろかえて さきみたれたる きくみちの』ホ8
『さすらても はたれもはなけ みつたらす かかんなすかも てたてつき』ホ8
『あらかねの つちにおちたる さすらをの』ホ9
『うちをさめたる おもむきお あめにつくれは たかまには ゆつうちならし』ホ9
『いさおしは もろにすきたり きみまもれ かみあまかつと なおたまふ』ホ12
『かすかまろ しからすとめて たらさらは うえはほとこし うけんかや』ホ13
『いくしまと たるしまよもの みかきもり』ホ14
『いまわかみ いきすひととき よそしほと たらぬやまふの かなしさや』ホ16
『いきすたらぬは ひめみこよ これとのきみの とこかたり』ホ16
『かねきくうえの をんたけと うまれあひたる みめくみと』ホ16
『たのおして みひかりまるの うちにゐる たりたすくのり あめとちち』ホ17
『をやかこお はらめはちたる ちちははは けにたらちねよ』ホ17
『むたひたたかひ なしたれと まさくることは いかならん』ホ17
『のりのりめせは をはしりか わさおうけたる たかひこね』ホ192
『われもこと たてんとよもお めくるうち よきのおゑたりホ21
『もとちからゑぬ いねのみは はみてもこえす やふやくに かてたらさるそ』ホ23
『なかにひとりは ひいてたり やひはするとく みつおわる』ホ23
『またたらすわれ ふたかみの たまふさかほこ さいわひに』ホ23
『つらつらと おもせはたみの ふゆるほと たはまさぬゆえ かてたらす』ホ24
『ひとゑたにたり ひゑのやま そのいけみつか たのそろに』ホ24
『ときにきみ つくしはかての たらさるか てれはゆきみて たおまさん』ホ25
『ゆえはおきなに けゐおゑて めくりひらける ちおゑたりホ27
『あるしとふ さくすすはたち のひいかん かれにうせたり これもあめ』ホ28
『たかくらしたか ゆめさめて くらおひらけは そこいたに たちたるつるき』ホ29
『たみわさはもと たのむとこ かうちさやまは みつたらす わさおこたれは』ホ34
『なほふつき はひこもつみの このつつき たるねかかはゐ つきひめお』ホ35
『みちうしみけの かんめくみ よきみこゑたりホ36
『にたるすかたの おしやまに とつくははこも をんめくみ』ホ37
『よきいてお あらはつれんと みなもふす みののおとひこ ひいてたりホ38
『たけひとは きみたるいとの あるゆえに あめよりつつく かみのみこ』ホ39
『これなんち あれかたかみの つかひなり あにもとむるに たらんやと』ホ40
『むかしくまそか そむきしも またあけまきに むけえたりホ40
『ひめのもすそに つきをけの しみたるおみて やまとたけ みしかうたして』ホ40
『ひとたひあひて よくにたる かれはめくろと そのさとお なつけたまわる』ホ40
『ところたちはな ゐもかしら しむのふしゑは たるむつみ』ミ9
『やよゑなかすえ かけらうや めつたりおさむ たもとかめ』ミ9
『ふたかみも くにつちよろの みちうみて きみたるかみお うまんとて』フ序
『へのそのは たまにうるほす まつりこと かてたるそのは ゆくもやすらか』フへその

 
変態:「なる」「ある」「たふ(食ぶ)」「たむ(溜む/矯む)」「つる(連る)」「つむ(詰む)」「とる(執る)」「とむ(留む)」「とふ(問う・訪う)
派生語:「たら(父母)」「あたる(当る)」「はたる(徴る)」「あたたら(充足)」「たるみ(治見)」「たたる(祟る)

 
 

【(断る・遮る・出る・弛る)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「たふ(遮ふ)」「たゆ(絶ゆ)」「ちる(散る)」「つむ(摘む)」「てる(出る)」「とふ(飛ぶ)
派生語:「ひたり(左)」「かたる(語る)」「なたる(傾る)

 
 

【(回る・廻る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。動く。

変態:「たむ(回む)」「たふ(回ふ・廻ふ)
派生語:「はたらく(働く)

 
 

【足る・(立る・養る・達る・至る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・過ぎる・余る・至る」

『またたたは はるのそらねお はにあみて いたくにたれは たたといふ』ホ16
『これてひとみお いたかんと まろめてわたり ふたたたるホ17
『やまとひめ ことしももやつ よろこひて よはひいたれは われたりぬ』ホ38

 
変態:「たゆ(耐ゆ)」「つる(吊る)」「つむ(積む)」「てる(照る)」「とふ(跳ぶ)」「とむ(富む)
派生語:「いたる(至る)」「ひたる(秀達る)」「ひたり(左)」「ほたる(蛍)」「たたら(踏鞴)

  
 

【垂る・(弛る・怠る・惰る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下る・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

『いくしまと たるしまよもの みかきもり』ホ14
『みそひふみ みかたりゆるむ たらむとて ははのつつしみ』ホ16
『つみはらわんと あらためて かみおうやまひ をしえたれホ34
『きかまろは たるはおふきて ゐかすれは』ミ8

 
類語:「たふ(賜ぶ)」「ちふ(禿ぶ)」「つふ(潰ぶ)」「つゆ(潰ゆ)」「つむ(詰む)
派生語:「たれ(垂)」「くたる(下る)」「なたる(傾る・雪崩る)」「おこたる(怠る)」「たるしま(足島・垂締)」「たらむ(弛らむ)」「したたる(滴る)」「ちたる(沈垂る)」「うなたる(項垂る)」「すたる(廃る)」「さみたれ(五月雨)

 
 

【足・(治・養)】
足らし。治め。調え。治者。

『むよのつき おもたるのかみ かしこねと やもおめくりて たみおたす』ホ2

 
「たる(足る・治る・養る)」の名詞化。

変態:「たら(足)」「たり(足り)
類語:「たらし(足らし)」「たらち(足らち)」「たし(足し・治し)」

  

10/02/10

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】