たみめ  タミメ  tamime

  

【(手見・手合)】
手を組み合わせて造形すること・造形したもの。

『もろうたふ はたれいかりて やのあられ かみのたみめに やもたたす』ホ8
『みはしらお よつきみくらに むすひ あめのみをやお まねきこふ』ホ14
たみめより むろやたつ たみにをしえて やねおなす』ホ17
『またたみめ やしろなる いまみやとのに たみおたす やつはやかたそ』ホ17
『あめみをや おむすひて ふくうつほ きわなくめくり』ホ18
ウヰウヌ アウヌむすひて あまつくり』ホ18
ウヌアましりて ウハむすひ ウヒおくにたま』ホ18
むすひ むねほゑらみて ひとまろめ あかみやにすゑ』ホ18
むすひ みなもとゑらみ つきのわと しらみやにすゑ』ホ18
ウンの うつろゐおむま イニの しなとはくつは』ホ18
『ひかりむち にくにたま のりめくる おとはほおこほ』ホ18
むすひ のかせにかわく くこはにに ひつめのあとは のらとみち』ホ18
『かのみたま こわによろこひ ウハお にわけて アイウエオホ18
『こえのは こわにおさまる をしてホ18
『ふむあとの のにひとうみて のるは ねわによろこふ ねわはホ18
『ひとなるみちは トおもちひ そのもとはホ18
オノコロの よつはわにあひ くにをさむ』ホ18
『ときにたくみは たみめ そののとことは あめつちの』ホ21
むすひ むろやつくりて たみおうむ のちむすひ やしろなるホ21
をして のきよりむねに ておあわす つきとなす』ホ21
『そのかみは くにとこたちの かみのよに たみめより むろやなる』ミ8

 
た(手)」+「みめ」
「みめ」は「みむ(見む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・組む・現す」などの意。

類語:「をして(押手)」「むすふて(結ぶ手)

 
 

【(廻目/廻見目)】
1.外側の区画。
2.外見。容姿。

『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14

 
[1]
たみ(廻み・周)」+「め(目・間)
[2]
たみ(廻み・周)」+「みめ(見目)」の合成。

   

09/09/19

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】