しるし  シルシ  sirusi

  

【印・標・徴・兆】【記・誌・報】【璽】【著し】
1.表示。現れ。知らせ。表象。象徴。 記したもの。文書。ヲシテ。証拠。誓約。

『をりつけの うはのしるしと はなをしお そゑてささくる ことのへのうた』ホ序
『ときみまこ しるしささけて のちおこふ あめはたあしく ゆるされす』ホ21
『すくなるぬしお みわけんと すくなしるしの すきうゆる』ホ23
『むめにこしゑて このみあえ あめのしるしと おりかさし』ホ24
『みことのり たいはうおきみ みけのもの しるしはうろこ』ホ25
『いまやまさわの ゑあわせは わりふたあわす よきしるしホ32
『ゐもとせまえに やけうせし たねもふたたひ なるしるしホ32
『こたえてわれは くにつかみ おおものぬしそ きみまつる ことしるしなし』ホ33
しるしかと きみこれはかる ももそひめ うまれさとくて これおしる』ホ34
『きみにもふさく これしるし たけはにやすの そむくなり』ホ34
『ゆめのしるしに みよのはつ あきあにおくれ ふゆおさめ』ホ35
『たたねこは しるしささけて かものみや あるるおふして おもみれは』ホ37
『よかうちにゆく みちすから よきひとえんは しるしあれ』ホ37
『ほことりいのり おほかめお つけはなるいし これしるし うちのかめいし』ホ37
『ことはしめとて しはすやか かくかこたてて しるしとす』ホ39
『きさらきやかに くにめくり まつらふしるし かくかこお』ホ39
『みつのしるしお しらぬのに やとよのはたの よよにたつ』ミ逸

2.(特に皇位を)あらわにするもの。ヲシテに(璽)

『しかるのち みくさたからお ひつにいれ しるしはさかき』ホ24
『ときにすへらき こたえいふ なんちかきみも まことなら しるしあらんそ』ホ29
『ひのをみは しるしのみはこ たてまつる あたねはかかみ』ホ30
みしるしは きみのみにそえ みくさとも うちつのみやに をさめます』ホ30

3.顕著であるさま。他と区別されるさま。

 
しるす(標す・記す)」の名詞化。

変態:「しらせ(知らせ)」

 
 

【著し】
顕著である。他と異なっている。

『みなかんちかひ いちしるきかな このときに としのりかみの』ホ22
『おしくもきよめ よつきやに いのれはしるし はらみゑて』ホ27

 
しる(知る/離る)」+「し(形容詞語尾)
「しる」はここでは「A: 合う・現る・あらわである」、裏を返して「B: 離れる・分れる・異なる」などの意。

 
 

【記し・誌し】
記すところの。

『すへてななやの しるしふみ ことなりかちは これにしれ』ホ序
『みつからしるし このふみお やしろにおくは ゐつこのためか』ホ28

 
「しるし(記し)」+「し(如・然)」の合成。
「しるし」は「しるす(記す)」の連用形。
「し」は「しく(如く)」の連体形「しき」の短縮。終止形は「」となる。

  

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】