せ  セ  se

  

【背・兄・夫】「うをせをせ」の短縮。 陽。男。夫。

『さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『あまさかる ひなつめのいは たたせとひ しかはかたふち』ホ10
『さつさつの こゑといもせの ささいはふ そのもとおりは』ホ12
『みたねうむ みはたおこえは こもりたも みめのいろせに ならひきと』ホ16
『うますめは よそめそあにも もからす とかみもむそか』ホ23
『やよゐきて ももさきめをの ひなまつり くさもちさけに ひくゑもせミ9
『さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくら』ミ逸
『みやはの つきこほしさに かしまたち かとりにいたる』ミ逸

【背】負の方向に離れる。うしろ。裏。 ⇔ むね

『はらくひ あしにしたかふ いしすゑに しきますとこお いかすれと』ホ21
『すめみこゆみや ひきとりて ひとやおむねに ふたやに』ホ31

【背・聳】正の方向に離れるさま。「せい(聳)」の短縮。高さ。 =たけ(丈)
     高さの単位。1背=8尺 ⇔間(水平方向)

『ともにいさみて ひとなりは みのたけひと ゑはよわく とはふそちから』ホ38

【然・如】同上。隔たりのないさま。合うさま。合意。

『おほなむち こたゑとわんと みほさきの つりえききすの いなせはきホ10

【瀬・関・節・境】せく(狭く)より。狭まり。締め。閉め。限り。区切り。際。

『あまてるかみは さくなたり はやかはのせに みそきして』ホ8
『うつろゐの としこえせまえ おおみそか はつむかそよか さのみそか』ミ7

【稲・繁】正の方向に離れるさま。ソロ

『しのねせは むしはむははか はやかれか みつやうらみて しねせあむらん』フしねせ

【畝・(離)】離れ。距離の単位。1畝=10イキ=(女の)36歩≒10.8m。

『とめちとは めのみそむふむ はといき ももいきはまち』ミ6

  

10/09/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】