ネ  ne

  

【和】合せ。和し。伴。連れ。

『むよのつき おもたるのかみ かしこねと やもおめくりて たみおたす』ホ2
『こそよりむかふ そさのをと あまのみちねと かとてなす』ホ6

【音・鳴・廻・子】行き来。回り。改め。子。伝わり。響き。 廻り。周囲・周辺。

『きしいこそ つまおみきわに ことのの とこにわきみお まつそこいしき』ホ1
『これなおさんと かんかゑて ゐねななみちの あわうたお』ホ5
『ゐすことは ゐくらにひひく おわけて わのあはうたお をしゆれは』ホ9
『はははうつほね またたたは はるのそらねお はにあみて』ホ16
『またたたは はるのそらねお はにあみて いたくにたれは たたといふ』ホ16
『かかはあきの いつくしに かかけあかせる こころさし』ホ16
『よめちゆくねの をにおさむ ゑなかたけなる しなのくに』ホ28
『みらひめお めとりてうむこ たたひこか あたつくしねは おさななそ』ホ28
『つすはつね うたみにそめて かえせよと なかえたまはる』ホ39
『くちひるお ひらくあより のへつつく みうたおあみて あなにゑやミ10
『おとめにと ななねにあたる くにいつね とめはみつの あいぬなり』ミ10
『ういのゐつは みとてあし とめのみつは あめつちと』ミ10
『つくおあはす そのすゑは あしつみかわの しまつひこ』ミ10
もとつねの あむとやわしの つくはねお むすひまします あめみをや』ミ10
『ひとのういも あにあきて くちふさきふく いきむれて』ミ10
『はなにかよひの うぬのは もとあかのほる おしてより みつにわかれて』ミ10
『あはうつほ いはかせうはほ えのみつと おのはにゐつ ましわりて』ミ10
『あめのやわしは それならす うゐのあわは なりはゐお おしすくるなり』ミ10

【根・廻・主・上・中】同上。 回帰点。源。上流。中心。要。さね。=こころ

『おのつとこゑも あきらかに ゐくらむわたを ねこゑわけ』ホ1
『これもおなしく はきたに きさすひかしや』
ホ1
『きしいこそ つまおみきわに ことのの とこにわきみお まつそこいしき』ホ1
『おはひめか こゑのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『うたひつらねて をしゆれは うたにねこゑの みちひらけ』ホ5
『これきくならん きつねとは きはよりなる』ホ8
『ゐちちかゑらむ たまかえし ここすとのねお むすふふみ』ホ8
はたれねも しらひとこくみ おろちらも うちをさめたる おもむきお』ホ9
『そのことのねは いさなきの かきのかたうつ いとすすき』ホ9
『いせとあわちの なかのほら すすかのかみと はこねかみ』ホ13
『わかうまれねに あかもなく あをうけうまれ はきよく』ホ15
『はゑいつる ねのはなくきか をのはしめ をのこうむなり』ホ16
『むのたみめより むろやたつ たみにをしえて やねおなす』ホ17
『こはをさのそ おさなこに あらこをしゑて つちかえは』ホ17
しゐのねは むらとこころは ふくしゆふ よくらよこしや』ホ17
ねのむくら わたるみやひか ものおしる なさけなかこに かよえると』ホ17
『なさけとあちの すきやむも にいらぬまよ はやいやせ』ホ17
『みなみのむまは ちいさくて としなれはやく かうすく いさおしならす』ホ192
『みなひとよみき さいおふる むねとはしらね つちおうつ』ホ21
『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなす ふくはやねそ』ホ21
『もしはしら つかはしもつけ かみはそ はたちつかす』ホ21
『むなきもし すえはつくへし はつかす』ホ21
『はりのはふゆ うつきすえ すえはつくへし につくな』ホ21
『みかまとの かみのひみつの みつのは にはりのみやの わたましに』ホ22
こゑのねのくに あちはせか みねこしささく これにめし』ホ24
はひとのなり ははよめな はなやゑかおよ』ホ24
はこねうすき くきひとり よゑゐはひとみ こしろはな』ホ24
『にわにすむつる ちよみくさ そそきおはむ いけのかめ はおはむ』ホ24
『これをして とよへるはたの つつねにそなせ』ホ27
あしのねさ もとよりあらひ いわねこも みなふしなひけ をさむるは』ホ27
『あにかこころね いさめおも きかぬおしれは さほひめの なかこわななき』ホ35
ねこころお あかしかえりて ふそなきの みそかもふさく』ホ38
『ときおくつるき まつのに おきわすれしか なからえり かれにあけうた』ホ40
『くわのきは よもにさかえて ゑたもも みつまたなりて そふほすえ』ミ4
『くわのも つきはそふたひ ほしにあい なるそふつきは そふほすゑ』ミ4
『むかしあまかみ をはみて みのししめくり さめまたく』ミ4
『しもはちひろの いしすえの はしらはちたひ ねつくまて』ミ8
『しわすはにみつ きはねさす なおそらさむく つきすえは』ミ7
『しわすれはやや つちにみち よろきねうるひ うゑさむく』ミ9
『このうたの なかのななねお もととして ひとのむつねに くはりしる』ミ10
『もとつねの あむとやわしの つくはねお むすひまします あめみおや』ミ10
『きよきうと かろくちりんと なかのぬと みたもひおうむ あねとなり』ミ10

【根・主】同上。 治める者。占める者。司。主。

『いなたひめ これもはまんと たらちねは てなてあしなて いたむとき』ホ9
『のちもろともに かみとなる おおものぬしは ふきねなり』ホ27
あたねして わけつちやまの みをやかみ みかまつらせて あたおうつ』ホ29
『かつてまこ つるきねかつき くにつこそ やたからすまこ かとのぬし』ホ30
『たけいいかつと いつもしこ なるけくにをみ おおねとみ なるいわひぬし』ホ31
『みとしはる おおみなくちと おおやくち ともにすくねと』ホ32
『なほふつき はひこもつみの このつつき たるねかかはゐ つきひめお』ホ35
『たけぬかわけと くにふくと みかさかしまと といちねと たけひらもろに』ホ36
『そふほはつはる みののくに かんほねかめの ゑととおこ くにのいろあり』ホ38
『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39

【峰・伸・根】高み。頂。=を(峰)・をね(尾根)・みね(峰) 

『むのをして のきよりむねに ておあわす むつきとなす』ホ21
『あめみまこ またやまめくり にひゑて はらいたむとき』
ホ24
『かねてあうひの いつのかみ たかちほのねの かみとなる』ホ26
『をのゑなお におさむれは よくまもり わさはひあるも しなかゑて』ホ28
うねひねの さゆのはなみと みあえして むろやにめせは』ホ31
『たおれぬさきは あさひかけ きしまねにあり ゆうひかけ あそやまおおふ』ホ38

【寝・退・陰】負方向に離れるさま。「低まる・勢いを失う・静まる・隅にある・果てる」さま

『これもひるねと なおいさみ よもよりかこみ』ホ8
『ひめひとり ねさめてゆけは まつさかに せきとめられて』ホ24
『すすむれは きみのなかねの をゑさめて もろもさむれは いくさたち』ホ29
『かみのしらいし もちかえり ねやにおくいし なるおとめ』ホ34
ねしもはひ まきむきひしろ にいみやに かえりいります』ホ38
『かけはしお しのきのほれは みやつひめ ねまきのままに いてむかふ』ホ40
『ゑはのみつの ひとをかみ ひのみちささけ ねにかえす』ミ9

【寝・北】同上。(日の)退く・寝る方。「ねのくに(根の国)」の略。

『わかひめさとく かなさきに きつさねのなの ゆゑおこふ』ホ1
『よるはねるゆゑ きたはそ』
ホ1
よりきたりて にかえる』ホ1
『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』ホ1
『みなみあわそさ きたはの やまとほそほこ ちたるまて』ホ2
『あわなきは のしらやまと ちたるまて のりもとほれは』ホ2
『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『くらきねか ますひめもちこ のすけと』ホ6
『そのとめはやこ こますひめ のうちきさき』ホ6
『かたかあちこは のおしも』ホ6
『とよひめは のうちめにて ぬかたたの くまのくすひそ』ホ6
ひるこひめ みこおしひとお ひたします とさほこくに かねをさむ』ホ6
『さきにたらちを はなきねは ねのくにさほこ しらすへし』ホ6
『くらきねか まかれるときに しらひとお のますひとに』ホ7
『さすらをは みことおうけて にゆかん あねにまみゆる しはしとて』ホ7
にいたるのち こおうまん めならはけかれ をはきよく これちかひなり』ホ7
『しかるのち またはやきしは おおはたれ のたてやまに あらはれて』ホ8
『つさおへて ねにきてすめる ねすみおは あふらにあけて いとふへし』ホ8
『はるなこたえて やつかれに のますひとか をしえけり』ホ8
『そさのをはちて にかえる のちおおやひめ つまつひめ』ホ9
『みなもとは のますひとに よるなれは いふきとぬしに うたしむる』ホ9
『ををうちの おりおりやとる のつほね』ホ7
『ゑとやすめとて うちみやの とよひめめせは のつほね さかりなけけは』ホ7
『これきくならん きつねとは きはよりなる』ホ8
『つさおへて にきてすめる ねすみおは あふらにあけて いとふへし』ホ8
『ふとまにの しちりはやもり はけしくて つねすみのくに みせしむる』ホ10
『なつはかと みたそこにあり にむきて つまくらにふせ』ホ21
『ふゆにわと ひたそこにあり つにむきて まくらにふせ』ホ21
はつより めくるひのあは にもめくる あかるきのあは にのいのち』ホ21
『ひかはくのあは かのとかめ のこかとこれ』ホ21
『きはより さかえるのあは にのさかえ ひおつるのあは かにおとる』ホ21
こゑのねのくに あちはせか みねこしささく これにめし』ホ24
『きはやまなかと きねはあす はかはくちと ねつもとす』ホ24
『ややみかに わけつちのの みつはめの やしろにやすむ』ホ26
『とつくには つきよみをさむ しらやまは につきすみは すみよろし』ホ28
さねにわかちて やまとたけ かみすききよめ しらかしの』ホ39
『やそきねのおと かんさひお ますひとにの しらうとと かねなめさしむ』ミ5
『ゑのなめはに しものなか ひうおまねけは かつめかみ かちおにひきミ7
『ゑはのみつの ひとをかみ ひのみちささけ にかえす』ミ9

【子・寝・退】同上。 ねつき(子月)の略。

ねのつきに あゆきわすきの みやつくり もとあけあわの かみまつり』ホ30
『みことしゐそひ のふそか あまつひつきお うけつきて』
ホ32
『みなつきの そふかへそきね かるおとと にうつしこを いわひぬし』ホ32

【ね】意志・希望・勧誘の助動詞「」の命令形。(「ん」は否定の「」の反語的用法)

『うまさけに みはみわのとの あさとにも おしひらかよ みわのとのとお』ホ33

  

10/03/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】