みちをみ  ミチヲミ  mitiwomi
みちおみ  ミチオミ  mitiomi

  

【道臣命】<人名>
(軍を)率いる臣。

『いくさひきゆく みちをみか みねこえうたの うかちむら』ホ29
『かれにみちをみ さかすれは あたなすことお おたけひて』ホ29
『あさひはら あまてるとよけ ふまつりは みちおみそまた』ホ29
みちをみかうつ おしさかと うつひこかうつ おんなさか』ホ29
『ひのかみつかひ みちをみと つきのつかひは あたねなり』ホ30
『うましものへと とおまもる みちをみくめと みかきもり』ホ30
みちをみは のそみのままに つきさかと くめのところお たまふなり』ホ30

 
「みち(導)」+「をみ(臣)
「みち」は「みつ(見つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・連る・率いる・導く」などの意。

  

09/12/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】