メ  me

  

【目・見・眼】「めゆ(見ゆ)」から。合わせ。寄り/寄せ。交わり。

『なかきよの とおのねふりの みなさめ なみのりふねの おとのよきかな』ホ1
『いけみつに たのめおあらひ ひるにのり かのめおあらひ つきにのり』ホ4
『ややはつあきの もちのひに ひらくひとみの しほのめは』ホ4
『かくさんために なかしやり たみのうはひ』ホ7
『あねかに なおきたなしや そのこころ はちおもしらぬ』ホ9
『をゐのみるめも としなみの なこそしるへゆ ちなみあふはま』ホ11
のあかそそき あさひのり よりつきひの うるおゑて』ホ14
『うくめくたみに もけかれ あしきうたゑに みみけかれ』ホ15
『ここなひつきの みたねゆえ くえはのたま あきらかに』ホ15
『むねのいたみや のくらみ たまによきひは まめひらふ』ホ16
『めのこには めのよりうく つきみたま みやおうるほし そむきゐて』ホ16
『うおのと かわるひとの うらかかみ ひたりにもては みきにみゑ』ホ17
『あちもいろめも よこしまに しゐにあやかり みおからす』ホ17
『そらはたかまの はらのうち めはなにしるも ひつきほし』ホ17
『ほおあけて おきはしるは おほそらお はるかにかけり』ホ20
『みきひとつて ねるつるき やふりあくれは みことのり』ホ23
『かねりおほめて たまふなは あまめひとつの かみとなる』ホ23
『やたをみは そろはふはるの たみわさお かんかみるそ』ホ24
『みのたけそなた つらかかち はなたかさなき はかかみ』ホ24
『ときにかみ おあきいわく なんちよく わすれすきたる みもすそよ』ホ28
『さるたうけとり とわんとす はやおとちて こたえなし』ホ28
『やたをみは そろをうはるの たみわさお かんかみるそ』ホ30
『ももうたひ なからおとち かみとなる なすことなくて いとなみす』ホ40
『いえてねる をきなかしほも めひかみも へそめよとめも ゑめやゑるらん』フいえて
『しのむくは かめもひつきも ちよにめの かかやくはなの ころやむくらん』フしむく

【瓮・合・和】同上。 収めるもの。容器。=へ

あめとみおして みやつくり きさきたてんと もろにとふ うさつかもふす』ホ29

【間・目・辺・場・端・方・部】(1) 収まる部分。あい。内。中。(2)区分。区画。 (3) 匹敵・相当するさま。

『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14
『きたのほし いまこのうえは みそむめの とのかみゐます』
ホ23
たのめははるの いきるころ たのめおいれて ねるつるき』ホ23
かのめはあきの からすころ かのめおいれて ねるつるき』ホ23
めなしかたあみ かもにいれ うたふたつけて きみものせ』ホ25
おりあわせめに けりもあり きみとわれとは つつきけり』ホ39
へねめおこほの なそらえは ひとのへなみの あまのはら』ミ10

【目・回・廻・巡・周・辺】回転。順番。めぐり。沿。周囲。周辺。

『あめのかみよの ななよお つくいとくちは』ホ2
『たちからを すすみもふさく ぬすひとの みつにしるる つちいかん』ホ17
『みたひめくりて ことなせは ひとりわかれて みたりの』ホ31

【陰・地・水埴・泥】「うむ(倦む)」の名詞化「うめ(倦め)」の短縮。
 下り凝るもの。「陰・世・夜・汚穢」「月・地・凝・固」

『いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめをホ2
『をはあめとなり ひのわなる はくにとなり つきとなる』
ホ2
『めかみには なりなりたらぬ めもとあり』ホ3
『くはきうの をのほおいとふ はしかみの をかめかふすへ ひしかんと』ホ8
にほあり ひすりひうちは つきのひそ をにみつありて』ホ13
『またとわく ひはをにかえり みつはに ひとはひとみに かえらんか』ホ13
『をはきよく かろくめくりて あまとなり はなかにこり くにとなる』ホ14
『をのうつほ かせうむかせも ほおうみて をはみつとなり はふたつ』ホ14
『あめのほと たらちねのほと おまねき みつのちなみの つゆあふれ』ホ14
『をはさきに おつつむゆえ せはめられ ついにほすゑの はせいてて』ホ14
めのこはさきに つきやとり のちひおまねく』ホ14
ははやく をはつつまれて しちならす たましまかとに いゑりなす』ホ14
『ひといきか めをとわかれて をはあめに はつちとなる』ホ15
『そやとめちつゑ くもなかは ふれはつゑに あひもとめ あめとふるなり』ホ15
『をまつのほりて あめとなり はのちくたり くにとろの』ホ16
『いものみなもと つきとこる はにちかきゆえ にくはり』ホ16
『ひのみたま まつこもりくの みはしらに むかひたにゐて をまねき』ホ16
『をまつめくりて おつつむ かせはまりて はゑいつる』ホ16
『のちうくるひの ましわりは まつめくりて をおつつむ をはしちならす』ホ16
『たましまか うちにつほみて のはしめ めのこうむなり』ホ16
『うかやのゆとは このはなの しろきかにさく こはうのめホ26
めつきみか おもむろおさむ いささかそこれ』ホ32
『あわうひの あわはきよくて むねをかみ うひはにこりて みなめかみミ6
『をはかろきよく あめとなり はおもりこる くにのたま』ミ6
『とはなつに つきのかえす はるあきそ』ミ6
『たのなめは みうのあおうけ きさらきの なかよりみうお にやわせ』ミ7
『めのなめは うめのいもみつ うつきより うをおまねきて なつおつく』ミ7
『みなそこにふす のなさけ これかみかたち』ミ7
『しらみちの ひめおくたして はにふせは きそひのほりて さみたるる』ミ7
『はのふめもりて あふみまつ ふめにやわして かせとなす』ミ7
『ほつきなか みめにとくつき いものこの さわおいわいて』ミ7
『みのなめは そのたえにて かみなつき うめしりそけて しくれなす』ミ7
『しもつきは ややかのほる しもはしら ひらきはつくさ つほみさす』ミ7
『とはさにゐます めやわかみ みつのひかりの はにとほり』ミ9
ははにみてと うゑあつく みなつきすえは いよかわき』ミ9
『みはきさにすむ そのふり をかみしりそく はつしくれ』ミ9
『ややもみちて なかころは をのかみつきて かみなつき』ミ9
『しゐたらさやわ はくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす』ミ10
『あそのよの なるかんをかも すみめかも わけやかえらん たのしきわなり』フあその
『すのこけの とかめはあるし のこけは をころまつりて ゐおやかえらん』フすこけ

【穢・曲・禍・厭】同上。負の方向に離れるさま。

『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす はみそふ』ホ1
『ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ ははやひきめそ』ホ26
『いのゆんの あたはたちはな はさくら やむもしなとの いゆんなすなり』フいゆん
『ふにぬうは なきもみはの むめのはな さすらやまひも ふにそぬひける』フふぬう

【女・姫・娘・雌】同上。負の方向に離れるさま。 =ひめ

『ゐとしふゆ をははかまきる はかつき』ホ1
『かなさきか ふねのりうけて めをとなるなり』ホ1
『あめなるみちは もあらす みつよをさまる』ホ2
『このひなかたの をはかむり うおそてはかま はこそて うはかつきなり』ホ2
『かれをはとのそ はまえと やもつつきまて』ホ2
『ことあけに はひたりより をはみきに わかれめくりて』ホ3
はあなにえや ゑをとこと をはわなうれし ゑおとめと』ホ3
『ゐよのうた ことおむすはす ことあけも はさきたてす』ホ3
『とつきとは のにわなふり をゆれなく をとりなきさる』ホ3
『またあるひ をとりよそおふ かしりて あひましわれは』ホ3
『をはひたり はみきめくり あひうたふ あめのあわうた』ホ3
のこたえ ことさかのをか みちきけはとこみきはまつ かのみてホ4
『とこいりの はことあけす をのよそい かしりとつく』ホ4
たらちめの つかれにちしる ほそけれは ほいゐのかみの みちつひめ』ホ4
はのらす ふたをやふたつ をにうけて こおうむゆえに』ホ4
のなみつ をのなのりよつ たたゑなは いくらもつけよ』ホ4
『さくらうちか さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『かなさきかの はやあきつ あきこはしほの やもあひこ つのすけ』ホ6
『かすやか いろのゑあさこ さのおしも』ホ6
『みこすへて ゐをとみなり』ホ6
『ますひとか たみのさしみめ つまとなす』ホ7
『はははたみの すすめてそ きみのつまなり』ホ7
『そのなかに たおやめあれは これおとふ まかたちこたふ』ホ7
『つくしにやれは つくみおれ たなきねはとる をはちちに はははにつく』ホ7
『ねにいたるのち こおうまん ならはけかれ をはきよく これちかひなり』ホ7
『をはちちにゑて はおいたけ はははにゑて あとゐねよ』ホ7
はつきしほの のちみかに きよくあさひお おかみうけ よきこうむなり』ホ7
『ほのほおはきて むろやけは たつためまねき これおけす』ホ8
『さたのあれをさ あしなつち そをのてにつき やうめと』ホ9
『ははやかかちの ひとみけと つつかせらるる ななむすめホ9
『つきはかつらき ひことぬし つきはすせりめ ゐをみそ』ホ9
『たかてるひめお めとりつつ あしはらくにお のらんとて』ホ10
『あまさかる ひなつめのいは たたせとひ しかはかたふち』ホ10
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
『をはおもてわさ つとむへし はうちをさめ きぬつつり』ホ13
はよにすめる ところゑす うましみやひの ゑいにおれ』ホ13
はななし いゑにとつけは をせのなに たかうちむろと』ホ13
『うますはよその めとれ をせのおなかに ゐもありと』ホ13
『をせはけかるる にすてかま はかくさるる つくまなへ』ホ13
『こおもてよ もしつまうます たねたえは めかけめおきて たねなせよ』ホ13
『めかけとなれる のつとめ つまおうやまえ めかけは ほしになそらふ』ホ13
のすかた よくてあるるも みにくきに よきみやひあり』ホ13
『たとえあれと よつきなく ゑんとおもはは あくりしれ』ホ14
『たましまかとに いゑりなす これのはしめ めのこうむ』ホ14
うけすてめ ねのくににきて たまきねに よくつかふれは みにこたえ』ホ15
はあにむかひ ましわりの かねのにしなき とわたなす』ホ16
『をのいきす よろみちむやそ のいきす よろみちもやむ』ホ16
『めのこには のめよりうく つきみたま みやおうるほし そむきゐて』ホ16
はつきの おそくめくれは ひひのまし みもよそなつつ』ホ16
『をのこはとしに はとつき いきすよけれは うむもやすきそ』ホ16
おろかめか ねたむいそらの かなつゑに こたねうたれて なかれゆく』ホ16
はひとみちに おもえとも ねたみわつらふ むねのほか』ホ16
『おひはゐわみの かためなり をはしたあわせ はうえそ』ホ16
『かれもろはねお よりたたし をつるおたてに およこに』ホ16
『ひめはもろの はらむとき いきすつつしみ をしゑます』ホ16
『をやこころ とけぬみほつめ こもりたら』ホ17
『かくつちかみと はにやすめ ちなみてよろの おころうむ』ホ22
うますめは よそめそあにも せもからす とかみもむそか』ホ23
『うますめは よそめそあにも せもからす とかみもむそか』ホ23
『けふさりて とよまとかの はつせひめ つまとめさるる』ホ24
くちめかつりも よしなしや あかめひとりは めなしあみ』ホ25
『くしみかたまと わかつまの さしくにわかめ もろともに』ホ27
『あかつちか おおときみに ちなむおは はやかおろちに かみころす』ホ28
『おとあしなつか おこゑは ななひめまては かみくらふ』ホ28
『みおやすかたと まつるゆえ またやますみの とうまれ』ホ28
『かすかあふゑの もろかの いとおりひめお ここたへに』ホ31
『かたきくにつこ つるきねか のかつらひめ うちきさき』ホ31
『あめとみかの きさひめも しもきさきまた ことめみそ』ホ31
『ものぬしと なかとみあわせ なおりかみ うさにいとうの みめかみや』ホ31
『かはねおとえは をはこもり はかつてひこ たまふなは』ホ31
『しきゐてかの ゐつみすけ ふとまわかか いいひめお ここたへ』ホ31
『さたひこかの おおゐめは なかはしに をしてあつかふ かりすけよ』ホ31
『へそきねか やまといけすに みあえなす のいかしこめ かしはてに』ホ32
『これかうち あおかきかけか のおしも なるうちきさき』ホ32
『いわくいせには とつきて うみのをやなし むかしおは めい』ホ32
『しはすそみかに ゆきりの たけのひめうむ ゆむすみの いみなこもつみ』ホ32
『おおひこのの ことしそひ めしてきさきの みまきひめ』ホ33
『かりすけとなる おはりか おおあまうちめ なかはしの をしてとるもり』ホ33
『おのおのたては もちのひに おおひこいたる ならさかに おとめかうたに』ホ33
『みめくみお わすらてのちの さためには たにはちうしの おもかな』ホ35
『そゐとしの きさらきもちに めすたには みちのうしのホ36
『ふちかの かりはたとへも みをやわけ ゐいしたりひこ』ホ37
『ふほやよひ きひつひこか たつきさき はりまのいなひ をいらつめホ38
『またいわつくの このみつは いらつめみおの すけうむこ ゐものめくすこ』
ホ38
『よほきさらもち みのにゆく とみらもふさく よきあり』ホ38
『すへらきのみこ をはゐそゐ はふそむすへ やそひなり』ホ38
『そふほはつはる みののくに かんほねかの ゑととおこ くにのいろあり』ホ38
『おはりか みやつひめまた のちのつま』ホ40
『たけたとさえき ふたりうむ そよをひあり』ホ40
はたをはらに あたらしと すつおかなさき おもえらく』ミ1
ひめみをのあや』ミ3
のみには なりなりたらぬ めもとあり』ミ3
『とめちとは のみそむふむ せはといき ももいきはまち』ミ6
『おけらたき わかめみつくみ しときもち まかりかやくり』ミ7
みをかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10
『あまねくに おしゆるみなも わかひるめ にふのゐさおし ををいなるかな』ミ10
『たかまのはらの ををみやめ とよはたすけや ここたえの』ミ逸
『さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくら』ミ逸
『あおれとは しらうとこくみ ことははと よそめもおかす なおれなるかな』フあおれ
『をのねせは のまつりこと おきふしも わかぬまよひの をはねせにけり』フをねせ

【陰・女】めつき(陰月・女月)の略。陰暦十月。 =かみなつき(神無月)

『ときあすす ゐもむそほふゆ のそふか かすかいさかわ にいみやこ』ホ32

【妹】いもと(妹乙)。負の方向に離れる女。若い女。

『ひるこひめ いまいつくしに たりいたり あめのいろとと わかひるめホ3
『あにはくしひこ はたかこ おとはすてしの たかひこね』ホ9

【侍・部・女・姫】守り侍るもの。「め」と言う場合は女の意を含む。=ひめはめ 男の場合は「へ(侍・部・衛)」となる。
 (「女の臣」と書く「姫」という漢字は本来この意味にふさわしい)

『あかひこくわに ひくいとお なつめかおりて うふきぬの みはたてまつる』ホ4
『ふたかみみめお みことのり かんみむすひの やそきねか もろとはかりて』ホ6
『やそきねの おおみやみちこ きのすけに たなはたこたゑ きのうちめホ6
『うちは むなかたか おりはたおさこ おしもめは とよひめあやこ』ホ6
うすめらに ひかけおたすき ちまきほこ』ホ7
『とかあやまちも ふためとの かしこところの ひきつりに』ホ8
『したてるひめは ふたあおめ めしてたのしむ やくもうち』ホ9
『ほろろほろろと なくおきき さくめかつけに なもなくて あめおなくやと』ホ10
『そはのことしろ まめなれは これおさむめか うらむなり』ホ16
しもめして いもとおとさん あたまくら ついにいつわり』ホ24
『とよたまひめお みきさきに すけうちしもめ ふたりつつ』ホ25
『やわなきお おつてといえは みこもさる ことめかつくる くしみかた』ホ31
とみめのからも みなおさむ いきるみたりも おひまかる あめみこのりや』ホ31
『むとせのち おもむろおさむ つるきしま なつきすえよか めともやむなり』ホ32

【芽・穂・藻・布・葉・枝・棒・緒】「めふ(萌ふ)」から。分れ。派生。発生。末端。=ほ・を・ゑ・は・も

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『ますひとら おさなのときは ねちけの はやあらためよ』ホ17
『たとひおちても なうらめそ かけのまめなせ このてる』ホ28
『はつひまつりは ふとまかり やまのかやくり うみのめも』ミ9
『こからしふけは きはみおち ひらきはつくさ めはるなり』ミ9

【面・表・上】上部。表面。顔。 独り言:「めん(面)」

『をにふにいたり みこいたき みめみてなてて はははいま』ホ26

【霊・神】本質。精髄。神霊(みたま)。 =

『わかうらみ しこめやたりに おわしむる』ホ5
『みこころととく ひさかたや むそよつむちの おをひるめ ふつくにうれは』ミ逸
『くしたえとおる ひのくらい ひるめとともに あまてらす』ミ逸

【十月】めつき(陰月)の略。

『やしろつくらせ のふそか まつるおおみは かんなみそ』ホ29
『よほすえみか みことのり みをやのさつく みくさもの』ホ33

【舞・(踊・鳥)】バタバタする。飛び跳ねる。=。 ex.すす(雀)・つは(燕)。

『すくなみかみの たけかふに すすめかもみお いるおみて』ホ2

【馬】同上。

『ときにつきすみ おおくまと ひつめあおこま たてまつる』ホ192

【メ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「メの尊(メの神・メ祖・メ元神)」

のなめは うめのいもみつ うつきより うをおまねきて なつおつく』ミ7
はつねにすむ みつのかみ うつきはうめの をおまねく』ミ9
『のりくらへ ゐゐのつつたち めをのほき ゐわたちまきや めもとかみミ9

【め】推量・意志の助動詞「む」の已然形。

『あめしるききの はなもみも わかみのみちと しらさらホ17

  

10/03/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】