まつりのをみ  マツリノヲミ  maturinowomi
まつりをみ  マツリヲミ  maturiwomi

  

【政の臣】
くにまつりみけなへもふすをみ(国政り神饌供え申す臣) の略称。

『またあまきみは ひこゆきお まつりのをみの すけとなす』ホ31

 
まつり(政)」 の 「をみ(臣)

別名:「けくにをみ(供国臣)けくにのおとと(供国の大臣)」「みけぬし(御供主)みけもち(神供持ち)

 
 

【(纏臣)・祭臣】
カセフの祭を行った臣。

『たみかてふゑて にきはえは おほみけぬしの まつりをみ なつく』ホ32

 
まつり(纏り・祭)」+をみ(臣)
「まつり」はここでは「カセフの祭」を指す。

  

09/12/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】