くい  クイ  kui
くひ  
クヒ  kuhi
くゐ  クヰ  kuwi

  

【(交い・食い・組ひ・構ひ)・咋】
合わせ。収め。結び。組み。造り。構築。

『つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひみ つまとなす』ホ2
くいものの よしあしわくる なりそめお もろたみきけよ』
ホ15
『なんちやまくひ やまうしろ のおほりつちお ここにあけ』ホ24
『ものぬしは ともなすゆえに みそくいお そえものぬしと はらのもり』ホ25
わかやまくいか もふさくは をしかとならて こぬゆえは』ホ27

 
くふ(交ふ・食ふ・組ふ・構ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・組む・現す・造る」などの意。

変態:「くみ(組)
類語:「け(結)

 
 

【首】
絞まる部位。くびれる部位。

『みなくひしまり まかるもの やまにうつみて』ホ8
『いまわかゆめに いろおろち くひにまとえて さほのあめ』ホ35

 
くふ(交ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・狭まる・締まる・くびれる」などの意。

 
 

【頭・首】【杭・杙】
1.上部。頭部。上位。

『かみなりいてん ことおこひ くひめくるまに あくりこふ』ホ4
『かくつちと はにやすかうむ わかむすひ くひはこくわに ほそはそろ これうけみたま』ホ5
『はらせくひ あしにしたかふ いしすゑに しきますとこお いかすれと』ホ21
『かたちはやたみ くひはきみ かかみはたはね つるきかは もののへはあし』ホ24
『かたちはやたみ くひはきみ かかみとつるき まてのはね もののへはあし』ホ30

2.立つもの。突起。突出。柱。立て。経。

つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひみ つまとなす』ホ2
へくゐにそろゑ あれをさに まきをさにいれ かさりかけ』
ホ23
『あかまろゐくゐ しろまろは よものつなかゐ』ミ8

 
くふ(高ふ・越ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「かふ(頭)」「くふ(頭)」「かふり(頭)」「かふへ(頭・首)」「かほ(顔)

   

09/11/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】