こま  コマ  koma

  

【駒・独楽】
行き来させるもの。回すもの。動かすもの。働かすもの。
 ●移動用の乗り物。人を乗せて運ぶ馬。

『ふちこまお ゐらかうかちて なけいるる』ホ7
『いふきぬし くまのくすひと まてにあり しろくろこまに もろそひて』ホ8
こまよりおりて そさのをの ておひきおこす しむのより』ホ9
『しまつはこまお のりはなち ことほきをゑて にしひかし』ホ11
『ときにつきすみ おおくまと ひつめあおこま たてまつる』ホ192
『こかねひつめの くろこまお たかきかひけは たてまつる』ホ192
『くすりには ひとみこまひさ うはなくす つちひとゑはは まめはこそ』ホ192
『しれはさち しらねはおとえ こまはひに わひことあれと』ホ25
『なんちたすけよ われなかく おとのこまして かてうけん』ホ25
『しのそのは つきのこまひく まめやかも ゐもかめくみの かてやあつらん』フしその

 
[1]
こむ(転む・回む)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・往き来する/させる・動かす・働かす」などの意。
[2]
こむ(転む・回む)」+「むま(馬)」の合成。

同義語:「くるま

 
 

【(込・混)・ 細】【(熟・詳・精)】
1.込み入ったさま。小さなスペースにぎっしり詰まっているさま。
2.<転じて> 詳細。緻密。綿密。入念。精巧。

『をやこころ こまこまあつき とのをしえ』ホ17
『くらきこも こまかにをしゑ ひおつみて すこしはとふる』ホ17

 
こむ(込む・混む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・交じる・収まる・まとまる」などの意。

変態:「くわ(詳・熟・精・美)」
派生語:「こまこま(細々)

    

13/03/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】