かつらきやま  カツラキヤマ  katurakiyama

  

【(桂来山・鬘来山)】
貴い存在(日月の神霊=アマテル)が来る山。

『むかしたまきね ちかいして かつらきやまの やちみそき』ホ4
『かれたまきねの かつらきの やまにいのれは あめみをや』ホ28
『ほつまきみ かつらきやまの やちくらの みそきもみちて』ミ逸

 
かつらき(桂来・鬘来)」+「やま(山)

別名:「かつらきいとりやま(桂来斎鳥山)」「つきかつらきのいとりやま(尽桂来の斎鳥山)

  

10/05/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】