はめ  ハメ  hame

  

【侍・侍女】
守る(治める・保つ・世話する)者/女。

『やかれてまさに おわるまに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5

 
はむ(侍む)
の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・添う・仕える・守る・治める」などの意。
「はめ」と言う場合は「女・陰」の意を含む。「男・陽」の場合は「
はへ」となる。

変態:「はへ(侍)」「ひめ(侍女)」「もり(守)」「はり(張り)
類語:「め(侍)」「へ(侍・部・衛)」「そえ(添え)」「つゑ(杖)」「みめ(見侍)
ゐめ(傅侍)」「とめ(留女)」「とへ(留侍)」「め(侍・姫)」「みつえ(見仕え)
派生語:「みつはめ(水侍)

  

09/11/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】