あめつち  アメツチ  ametuti
あめとつち  アメトツチ  ametotuti

  

【天地・(陽陰・日月・上下)】
1.陽と陰。日と月。魂と魄。神。

あめつちの ひらけしときに ふたかみの とほこにをさむ』ホ序
『ををんかみ あめつちしろす くしひるに さとくはたれか いきはかり』
ホ12
『いもをせは やもよろうちの わかちなく みなあめつちの のりそなふ』ホ13
あめつちも うちともすかに とほるとき やもよろみちの みことひこ』ホ14
あめつちも のとけきときに あまてらす かみのみゆきの ふたみかた』ホ15
あめつちの ひらけるときの ひといきか めをとわかれて』ホ15
『ここにこもりの みたねふみ あめつちいまた わかさるに』ホ16
あめつちも うちともきよく なるときに をうちにはへる とみたみも』ホ17
『まさにはつへし あめつちか わるさなせそと さかしこそすれ』ホ17
あめつちの あほうひいまた あめみをや あておむすひて ふくうつほ』ホ18
『ゆえはあめつち わかさるに あめのみをやの あほおあめ』ホ191
あめつちつなく なかくしの いきにつきひの なかみちか』ホ192
あめつちも うちともきよく とほるとき みちもののへら』ホ23
あめつちの かみもくたれは みをやかみ よよのみをやの つきこなし』ホ27
あめつちの みよのさかえお いわはるる めをのみをやの かみそたふとき』ホ37
『たたよふかせお しつめんと おとたちはなは へにのほり あめつちいのり』ホ39
あめつちも ひらけてかみも めをもわけ ひもつきもなり』ミ序
あめつちいまた ならさるに あめのみをやの なすいきは』ミ6
あめつちととく みはしらお めくりわかるる あわうひの』
ミ6
『これよりさきは あめつちの なりてあれます みなかぬし』ミ8
『とめのみつねは あめつちと ひとほかまねく みつのあな』ミ10
『ういのめくりは あのおして あめつちわかつ かたちなり』ミ10

 ● =陽陰の神 (陽陰の歌)

『このみはめして あさことに あめつちまつり たらちねに つかふみこころ』ホ16

2.非物質界と物質界。あの世とこの世。全宇宙。
(※物質界は非物質界の最陰部(沈殿部)であるため、結局は1と同じ)

『わかこつらつら みちゆかは ひつきのさかゑ あめつちと まさにきわなし』ホ11
『ひとはあめつち かたとれり そらはたかまの はらのうち』ホ17
あめつちつなく なかくしの いきにつきひの なかみちか』ホ192
『あまつひつきの さかゑんは あめつちくれと きわめなきかな』ホ27
あめつちさるも とおからつ ひことにのほる とゆけかみ』ミ逸

3.上と下。貴と賎。中と端。中央と地方。

『つみとかの たたしもとほき あめとつち ととかぬことお おもふなり』ホ17
あめつちさりて とおけれは わたくしたつる このゆえに』ホ23
『わかなかすねか うまれつき あめつちわかぬ かたくなお』ホ29

 
あめ(天・陽)」+「つち(地・陰)
  

類語:「あわ(陽陰)」「あめ(陽陰)」「かみしも(上下)」「かみ(上下)」「ひつき(日月)」「たましゐ(魂魄)」「ここすと(上下)
関連語「あめつちひと(天地人)
あわと(陽陰人・天地人)

  

09/09/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】