あめのつみ  アメノツミ  amenotumi

  

【(陽陰の潰)・天の罪】
陽陰のめぐりが尽きること。運の尽き。天罰。

『いなむとこなき あめのつみ おのかくるりに まかるなり』ホ29

 
あめ(陽陰・天)」 の 「つみ(潰・尽・罪)
「あめ」はここでは「和し恵る日月・天運」などの意。

  

10/07/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】