あめにかえる  アメニカエル  amenikaeru

  

【天に還る・陽陰に還る】
天界に還る。死ぬ。

『たのしくおらは かすかまた ういおしれるや あめにうけ あめにかえるそ』ホ13
『よろこうみ みなくはりおく ひとのはつ あめにかえりて あめみをや』ホ14
『あまみこか あめにかえれは みそみおふ まめもみさほも とほるあめかな』ホ31

 
あめ(天・陽陰)」 に 「かえる(還る)
「あめ」はここでは「非物質界・天界」の意。

類語:「かみとなる(神となる)」「かみさる(神更る)」「かみゆく(神往く)」「あにかえる(天に還る)」「あにあかる(天に上る)」「もとにかえる(元に還る)」「かみあかり(神上がり)」「みゆき(神逝)

 
 

【天に帰る・天に返る】
中央政府に帰る。都に戻る。

あめにかえれは こふのとの まつりおとりて みことのり』ホ10
『かたりとことも ととのひて こもりはあめに かえりけり』ホ16

あめ(天)」 に 「かえる(帰る・返る)
「あめ」はここでは「中央・中央政府・都」などの意。

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】